披露宴に招待されたものの、何らかの事情で出席できないと言うこともあるでしょう。言うまでもありませんが、出席できないからと言って、お祝いをしてはいけないと言うわけではありません。出席はできないが、お祝いの気持ちを伝えたいと言う場合は、祝電を打ちましょう。式の当日にもらう祝電は、新郎新婦からすればとても嬉しいことです。メールが当たり前になった現代だからこそ、電報をもらったときの嬉しさは大きいでしょう。現在では、電報のデザインもかなり豊富になりました。ぬいぐるみの電報もあります。新郎新婦の好みに合わせて送ることができるでしょう。また、文章は定型文がいくつも用意されています。文章を考えるのが苦手なら利用すればいいですが、なるべく自分でメッセージを考えましょう。その方が気持ちがこもった祝電になります。

祝電は台紙に載って運ばれています。

祝電を最後に受け取ったのはいつだろうかと振り返ってみました。子ども時代の誕生日や学校への入学、卒業。大人になってからは、入社式や結婚式などでいただききました。それから、個人的に頂いたことはないのですが、叙勲や褒章、選挙の当選などでも送られることがあります。いずれの機会も、お祝いの気持ちを言葉で表すものなので、手紙やメールなどでも構わないと言えばそうなのかもしれませんが、祝電の一番の魅力は「台紙」ではないでしょうか。もちろんシンプルなものでも構わないのですが、その地域の工芸品やキャラクターのぬいぐるみ、可愛らしいデザインの台紙などを利用すると、受け取る側の喜ぶ顔が見えるようです。つまり祝電には、もちろん祝う言葉に加え、より相手を丁寧に、大切に想う気持ちが込められているのでしょう。今日もどこかで、誰かのお祝いの気持ちが、台紙に乗って運ばれています。

祝電に関する基本的知識

出産や結婚、入学、開店、誕生日など多くの場面で祝電を打つことがあります。様々な会社で、取り扱っており、原則24時間365日年中無休で対応しているところが大半です。ではどうやって打てばいいのでしょうか。初めて打つ人にとっては、その基本を知っておきたいもの。そこで、今回は祝電の流れについてまとめていくことにします。まずは取り扱う会社を選択しましょう。会社ごとに料金や文章タイプが異なることもあるので、しっかり比較検討したうえで選ぶことが大切です。次に送る場所、日時を選びます。相手方の都合に配慮した日時を選ぶことがマナーです。そこまでいけば、後は文章を考えることになりますが、相手を想う気持ちが記載されていれば、特に文体など問われることはありません。以上、簡単に祝電の流れについてのまとめになります。少しでも参考になれば幸いです。

Leave a Comment.


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)